新着記事

Umimita Poterie マグカップの製作。「こだわり」が、個性的なスタイルを生み出し、「ブランド・イメージ」を生み出していく。





田坂 広志(著)『知的プロフェッショナルへの戦略―知識社会で成功するビジネスマン11の心得』を読んでいます。

技術革新が進み市場のニーズ多様化した時代。

いかに生きるか。


 プロフェッショナルの世界で「ブランド」が形成されるためには、他のプロフェッショナルとは異なる「独自のスタイル」が必要なのです。

 それは、「個人的なスタイル」と言ってもよいでしょう。

 では、そうした「独自のスタイル」や「個性的なスタイル」というものは、どのようにして生まれてくるのでしょうか?

「思想」や「美学」です。

 すなわち、プロフェッショナルの個性というものは、究極、その内面深くに持つ「思想」や「美学」が映し出されたものなのです。

 それは、「何のために、この仕事に取り組んでいるのか?」や「いかにして、この仕事を成し遂げるのか?」といったことに対する思想や美学です。

 そうしたことに対する「こだわり」が、そのプロフェッショナルの仕事に独自の個性的なスタイルを生み出し、その仕事を評する人々のなかに「ブランド・イメージ」を生み出していくのです。



多様化した時代、企業だけでは全てに対応することは不可能であり、それに対応できるのは個人の活動です。

まさに個の時代がやってきてますが、そこで継続した活動をするには個のブランド化が重要であり、成功できるか否かにかかってきます。

個がブランド化されることは、もちろん簡単なことではありませんが、「思想」と「美学」を持って「こだわり」続けることで個の扉は開くのかもしれません。


関連記事
スポンサーサイト




0 Comments

Add your comment