新着記事

LAMY(ラミー) サファリ シャーペン。書きたくなる大人の文房具。

20180125225223865.jpg

文房具にLAMY(ラミー)サファリ・シャーペンが筆記用具の仲間入りしました。

最近、どうしてもスケルトンのデザインに惹かれてしまいます。

シャープペンと言えば、これまでコンビニで買ったものばかり使っていましたが、道具としてやっぱり意思を持って使いたいと考えが変わりました。

今年はボールペンとして既に「LAMY(ラミー) サファリ ローラーボールは、気軽に持つ喜びを感じながら、長く使い込めそうな大人の文房具」、3色ボールペンとして、「LAMY(ラミー) ステンレス 3色ボールペン。機能的なのにクール、飽きないデザイン。」にて仲間入り済みです。

20180129151600414.jpg

ラミーのロゴが男心をくすぐりますが、ラミー社は、1930年にドイツの古都ハイデルベルクで創立した筆記具メーカーです。

コンビニで買うリーズナブルな日本製も良いのですが、持つ喜び感じたければ質実剛健なラミー社はおすすめです。

20180125225233874.jpg

実際に使ってみて、サラサラと書きやすく、手に馴染む三角形のグリップなので余計な力が入らない為に疲れを感じさせません。

20180129111140684.jpg

大きめのフックが特徴ですが、クールなデザインに機能性を兼ね備えたバランスよい書くための道具です。

カラーは色々とあって、スケルトン好きな私は、112を選びましたが、サファリのシャープペンは、色によって番号で名前分けされています。

L112・・・スケルトン
L114・・・ブルー
L116・・・レッド
L117・・・ブラック
L118・・・イエロー
L119BK・・シャイニーブラック
L119WT・・ホワイト


まとめ

・デザインはクール
・グリップは丸ではなく三角形なので手にフィットし余計な力が入らず疲れにくい
・クリップはしっかりした安定感、シルバーで見た目がカッコイイ
・ドイツ的な質実剛健(末永く長く使おうという気持ちになれる)
・ペーパーレス時代にこそ、「書く」ということに真剣になれる筆記具

子供の頃に書道を習って書くことに一生懸命になった時代もありましたが、今ではキーボードを打ち込むことが主になりました。

こんな時代になるとは、誰もが想像もできなかったと思いますが、こんな時代にこそ、書くことを再認識したいところです。



関連記事
スポンサーサイト




0 Comments

Add your comment