新着記事

まだまだ知らない京都、鴨川花の回廊 ~夏の風物詩「川床」



夏の鴨川にやってきました。

前回(2010年)は、鴨川を横目に自転車で走り、普段の海沿いとは違う爽快感を感じたのを思い出します。



今回は、鴨川の「花の回廊」付近を散歩したいと思います。

鴨川左岸の三条通~七条通が「花の回廊」と呼ばれます。



鴨川に架かる三条大橋。

春には「花の回廊」を中心に御池通~五条通の約1.8キロの桜並木が見事にライトアップされます。

その頃に来てみたいですねぇ。



対岸には、京都の夏の風物詩「川床」の風景が見えます。


納涼床(のうりょうゆか、のうりょうどこ)、あるいは川床(大阪北浜では「かわゆか」、京都鴨川では「ゆか」、貴船、高雄では「かわどこ」と読むのが一般的)は京都や大阪の夏の風物詩の一つである。料理店や茶屋が川の上や、屋外で川のよく見える位置に座敷を作り、料理を提供する。

納涼床 - Wikipedia



この辺りでは、毎年5月1日から9月30日まで設営されるので、まさに夏の京都の景色と言ってよいでしょう。

湘南なら海の家のように切っても切れない関係。



今回、川沿いを散歩してみると、あらためて鴨川のスケールと存在感の大きさを感じました。

京都は暑い、と勝手なイメージがありましたが、鴨川眺めながら視覚から涼を感じ、川沿い散歩を楽しむことができました。

関連記事
スポンサーサイト




0 Comments

Add your comment