新着記事

自分に約束をし、それを守り、自分を裏切らない 書籍『7つの習慣』 スティーブン・R・コヴィー



自分自身と約束して続けているいるものが何かありますか?

もし、途中でやめてしまったなら、自分との約束を破り裏切ったことになります。

僕も昔タバコを吸っていて、一大決意してやめたのですが、一年やめた後で仕事で徹夜した時にまた吸い始めてしまったことがあります。

そのときの喪失感と自分への不信感はいまでも忘れることはありません。

あの時の自分は、どこか投げやりで自信無さげ見えたに違いありません。

スティーブン・R・コヴィー 著『7つの習慣』で自分との約束の重要性について書いてあります。

自分に約束し 、それを守る能力 、 「言行一致 」のことである 。自分を大切にし 、自分を裏切らないことである 。誠実さは人格主義の根本をなし 、主体的な人間として成長するために欠かせないものである 。

7つの習慣 スティーブン・R・コヴィー(著)より引用.



自分に約束をし、それを守り、自分を裏切らない


自分の決めたことをやめるという行為は、自身をどん底につき落とすことでもありますが、自身の形成を妨げる行為でもあります。

自分が絶対にやろうと決めたことは続けることで、自己の人格やアイデンティティを形づくり、継続的に自身を成長させることになるのでしょう。


関連記事
スポンサーサイト




0 Comments

Add your comment