新着記事

薄く薄く、ボウルづくり。



ボウルづくり。
いかに削りの量を減らせるか。
削って薄くするのではなく、
やっぱロクロ挽くときから薄いほうがいい。
関連記事
スポンサーサイト




0 Comments

Add your comment