新着記事

大きな器づくりは楽しい。



今回これまでで一番大きく綺麗にできました。
器は大きくなればなるほど難しくなります。
芯が中心にない状態で大きくなるとバランスを崩しうまくいきません、
芯を中心にすることを芯だしと言います。
小さい器だとある程度はごまかしがききますが、
大きくなるとごまかしがききません。
なので大きくできるかが壁のひとつと言われます。
大きなのをつくるのはとても難しいですが、
逆にできあがった時の喜びは大きいです。
そんな充実感で湘南の工房からの帰りは、
チャリンコをこぎながら見た夕陽が素晴らしかったです。
関連記事
スポンサーサイト




0 Comments

Add your comment