新着記事

三浦雄一郎/人生はいつも「今から」



プロスキーヤーで冒険家でもある三浦雄一郎さんの本を二冊。
本との出会いは人生を変える。
自分に吸収できると人生が劇的に変わる。



人生はいつも、「今からだ!」

僕にとっての人生は、いつも「今からだ!」である。
それは20代の若いころから、現在もなお変わっていない。
10代、20代には不可能だった夢が、大人になってから実現できることだってある。
遠い、遠いはるかな夢が、もっと大きくふくらんで花開くこともあるのだ。
夢というものは、やはりみておくものなのである。



僕に国際レースのチャンスが来たのは、28歳のときだった。
周囲の人たちの「もう年だからムリだ」という声には悩んだ。
しかし、ここであきらめたら、もうスキー界への手がかかりは完全に消滅してしまう。
僕はスキーが、なににも増して一番好きであった。
だからこそ、どうしてもスキーの世界にしがみつきたかった。
スキーが好きなのだ。どうしてもスキー界でいきていきたかった。



28歳からでも、世界の一流プロスポーツマンになれると自らにいい聞かせた。
なってみたいという仮説を自ら立てて日本を後にした。
あとは、目標に向かって、チャレンジしていくのみであった。
世界へのスタートは、そこから始まったのである。





著者は2003年、当時の最高齢となる70歳で初めてエベレストに登頂し、2008年には75歳で再登頂を果たしました。2013年の来年は80歳で三度目の登頂挑戦します。

人生は何歳になっても夢を持てることを証明しています。
関連記事
スポンサーサイト




0 Comments

Add your comment