新着記事

Umimita Poterie Mug Cup 海のある暮らし

Umimita Poterie

先日焼き上がったUmimita Poterie Mug Cup私のつくる器は海をモチーフにしている。その中でもど真ん中の一丁目一番地。...

世界のハイボール

茅ヶ崎

茅ヶ崎の隠れ家のようなお店。スパークリングワインのように飲んだ世界のハイボール。最近はもっぱらハイボールばかり飲んでいるので色んな種類いのがあって感動的。昼から楽しい時間を過ごしました。...

Umimita Poterie Mug Cupの製作。コンフォートゾーンを抜け出すために

Umimita Poterie

器をつくっています。もっとうまくなりたい、壁を越えたい、コンフォートゾーンを抜け出したい。誰もが考えるそんな思いは叶うのか。以前読んだ、ジョフ コルヴァン(著)『究極の鍛錬』にその答えが・・・。「自分が選んだ分野で達人とになろうと大きな投資を行うこと、より熟達した指導者を求めること、学びのなくなくなってしまうコンフォートゾーンを抜け出すために自分を常に追い込むこと、常に自己の限界に挑戦することである...

Umimita Poterie Bowl

Umimita Poterie

先日焼き上がったUmimita Poterie Bowl最近こんな感じなのもつくってます。改善の余地ありですが。...

Umimita Poterie Mug Cup

Umimita Poterie

先日焼き上がったUmimita Poterie Mug Cup赤土と釉薬の具合が気に入ってます。...

Umimita Poterie Mug Cupの素焼き。すべてのものは二度つくられる

Umimita Poterie

器をつくっています。ゴールを思い描いてつくる。これは大切なことだ。思い描くことすらできなければそれまでの人。スティーブン・R・コヴィー (著)『7つの習慣』より。「終わりを思い描くことから始める」習慣は、すべてのものは二度つくられるという原則に基づいている。すべてのものは、まず頭の中で創造され、次に実際にかたちあるものとして創造される。第一の創造は知的創造、そして第二の創造は物的創造である。できるでき...

Umimita Poterie Mug Cupの製作。試行錯誤の連続くらいが丁度いい

Umimita Poterie

器をつくっています。人生は平穏に過ごせて課題もないのがいいかもしれない。ホントにそれでいいの!?ロッド・ジャドキンス(著)『「クリエイティブ」の処方箋』を読んでいます。人生には問題はつきものだが、実験的なアプローチが誰も試したことのない解決をもたらしてくれることもある。事務所も、アトリエも、仕事場も、クリエイティブな人にとっては、実験室なのだ。クリエイティブな組織なら、常に試行錯誤を続けて組織内の...

Umimita Poterie Mug Cupの製作。一生つづく努力をする覚悟があるか

Umimita Poterie

器をつくっています。気合いを入れるために、以前読んだ、ジョフ コルヴァン(著)『究極の鍛錬』より。達人と素人の違いは特定の専門分野で一生上達するために、考え抜いた努力をどれだけ行ったかの違いなのである。モノづくり、スポーツなど、自分がやりたいと思ったら、一生上達する努力が必要。よし引き締まった。...

京都北白川ラーメン魁力屋

ラーメン

寒くなってきて脂ののりが悪くなってきたので「京都北白川ラーメン魁力屋」へ行ってきました。子供用のベビーシートもあるので、とてもありがたい。お気に入り度ナンバー1 です。餃子もグッド。...

Umimita Poterie Mug Cupの製作。モノづくりは「鈍臭い」作業

Umimita Poterie

器をつくっています。村上 春樹(著)『職業としての小説家』に小説を書くのは「鈍臭い」作業という話しがあります。あくまで僕の個人的な意見ではありますが、小説を書くというのは、基本的にはずいぶん「鈍臭い」作業です。そこにはスマートな要素はほとんど見当たりません。確かに完成した本だけを見ると、才能あるなー、センスいいなー、とか表面だけで感じますが、見えないとこでの努力は相当なもんがあると思います。一人き...

Umimita Poterie Mug Cupの製作。答えのない世界

Umimita Poterie

器をつくってます。山下達郎の言葉に身が引き締まる。自分はここまで思ってやれているか。僕はとにかく、最後の1分、1秒まであがく人間なので。OKなんか出したことないですよ。「ここで時間です」と言われて、諦めるだけで答えのない世界だから、プロフェッショナルな人でも、最後の1分、1秒まであがく。見習わないとだ。...

昼酒。炉端かのう

茅ヶ崎

茅ヶ崎『炉端かのう』に昼酒しに行きました。昼酒はやっぱりいいものです。...

Umimita Poterie Mug Cupの製作。99パーセントのつまづき

Umimita Poterie

失敗してもめげてなんていられないのです。本田宗一郎(著)『やりたいことをやれ』を読んでいます。1パーセントの成功のため、得意な分野でさえ99パーセントのつまづきを経験した。  私のように得意なことを一途にやっても、つぶれかけることがあるのだ。  不得意な分野に手を出して失敗するのも当然かもしれない。 本田宗一郎でさえ、失敗を繰り返している。成功するには失敗するしかない。...

ニコと花

Umimita Dog25

ニコと花。...

ロックスタイルの基本をつくったバディ・ホリー

Life Design

私が愛用しているEFFECTOR®(エフェクター)の黒縁メガネ。EFFECTOR®は"Rock On The Eyewear."をコンセプトにした純国産ブランドで、これまでこんなに愛着あるメガネは初めてかな。末長く使いたいと思わせてくれるメガネなのですが、Rock Onと言えば、ロックの元祖バディホリー。ですが、そんなバディホリーも黒縁メガネをかけていました。バディ・ホリーは、エレキギター2本とベース、ドラムという、今ではロック・バンドでは当...

Umimita Poterie Mug Cupの製作。ブランドの神様からのアドバイス

Umimita Poterie

機能や値段で戦おうとは思いません。もちろん、機能的で大量生産で安いのは良いことですが、自分の感性と手作りにこだわっていこうと、思うこの頃。何が大切かブランドの神様と呼ばれるデビッド・アーカー氏からのアドバイスを再認識しておこう。デビッド・アーカーのベネフィット3分類ブランドの神様と呼ばれるデビッド・アーカーの提唱したベネフィト=便益は、以下の3つに分類されます。①「機能的便益」は、便利だ、安い、早い...

Umimita Poterie Mug Cupの本焼き。成功は数々の挑戦の上に成り立っている

Umimita Poterie

本焼きをしています。今回は新しい世界を表現しています。失敗したらまた立ち上がるのみ。といいつつ失敗したらがっくりします。ジーンシモンズ(著)『KISSジーン・シモンズのミー・インク』より。 私は失敗した回数が成功した回数より多いだけでない。毎日失敗している。 もう一度読んで欲しい「毎日」だ。 私が手にしたどの成功も、何かしらの理由でうまくいかなかった数々の挑戦の上に成り立ってある。デビューから40年以上...

Umimita Poterie Mug Cupの製作。価値観はモノからコトの時代へ

Umimita Poterie

Umimita Poterie Mug Cupの製作しています。室井淳司 著「体験デザインブランディング-コトの時代の、モノの価値の作り方」を読んでます。モノづくりをしている者として、ただ自分が作りたいモノを作ればいい、という時代ではないこは十分に理解しています。使うニーズ、ケースを考えて作り分けけることも重要でしょう。買う側にとって、売っている場所、お店のコンセプト、店内の雰囲気、Webサイトの操作性、お店のサービス等をひ...

Umimita Poterie Mug Cupの素焼きが完了。究極の鍛錬とは・・・

Umimita Poterie

素焼きが完了。気合いを入れるために、以前読んだ、ジョフ コルヴァン(著)『究極の鍛錬』を再読。傑出しクリエーターはいずれも自分が選んだ専門分野で全身全霊仕事に打ち込み、自分の人生を捧げ、膨大な知識を蓄積し、常に自分自身をその領域の最先端に置くよう努力した者たちだ。菊練り3年と言われて飛び込んだ世界。技術だけでは足りない。膨大な知識・・・とりあえず今日は早く寝よう。...

Amazon Fireに本や音楽、ビデオをまとめ生活改革しました

Life Design

これまではスマホで写真と音楽と本、ipadで本とビデオにすみ分けしてましたが、スマホは写真のみにして、音楽、本、ビデオはAmazon Fire7におまとめ。・Amazon primeに入っいるので全てを集中したら快適ライフが手に入った。・SDカードも対応しているので、空き容量を気にせずダウンロードできる。・Fire8と迷よったが、いつも持ち運びたかったので小さいFire7にして正解。・上着のポケットに入るか入らないかその差は天と地ほど違...

Umimita Poterie Mug Cupの製作。「やる力」「やらない力」「望む力」の3つの力

Umimita Poterie

ケリー・マクゴニガル(著)『スタンフォードの自分を変える教室』を読んでいます。今日もロクロを廻そう。これは「やる力」思うようにロクロをコントロールするのが日々の目標です。これは「のぞむ力」普段の生活の中では色んな雑念に自分自身がコントロールできてません。。これは「やらない力」意思力には「やる力」「やらない力」「望む力」の3つの力がある。これこそ、私たちがよりよい自分になるために役立つものである。人生...