新着記事

釉薬を掛けました。

本焼き間近。一歩一歩また一歩。...

粘土の無駄を無くす取り組み。

カップソーサーをつくるときは、200gの粘土で、同じ大きさになるようサイズを計りながら、つくっていました。これまでは。しかしながら、サイズを意識しすぎた結果、最終的にやたらと削りが多くて粘土の無駄が出ていました。それでは、よくないですね。なるべく、無駄を無くしたい。ということで、今回より単純に削りがすくなくなるよう、200gでめいいっぱいのサイズでつくるようにしました。逆に小さなものをつくるのであれば、粘...

海をイメージ。そして梅雨。そして読書。

海をイメージした器。半磁器の白い粘土に綺麗な青がでました。Umimitaのロゴに近い青です。さて、本格的な梅雨入り。雨の時こそ読書。読書欲に火がつきました。...

素焼き

これから素焼き。...

一万時間ならぬ、一万皿の法則。

マルコム・グラッドウェル氏が著書の中で紹介している「一万時間の法則」というのがあります。何事にもその道のエキスパートになるには、一万時間は必要、というもの。高校時代にギターがプロレベルの友達がいましたが、中学位から寝ても覚めても、テレビを見るときも、いつもギターを手にして弾いていました。ビートルズも売れる前は、毎日八時間練習に没頭しました。才能とは、それに没頭する時間を苦にせずに継続できること、と...

Umimitaのターコイズブルーのマグカップ。

湘南祭でもご好評いただきましたUmimitaのターコイズブルーのマグカップ。湘南の海をイメージした使う人だけでなく周囲の方をも元気にしてくれるカラーです☆もうすぐ関東も梅雨入りしますが、雨の日は、本読んだり、映画みたり、食べたり、飲んだり、と考えるだけでワクワクします。...

カップソーサー

なかなか奥深い。...

湘南祭2019の準備。25日は茅ヶ崎サザンビーチでお待ちしてます。

湘南祭の準備を慌ただしくやっています。器の販売も行います。そして、ギリギリ本焼きの窯入れ。色々準備が大変ですけど、やっぱりモノづくりは楽しい。皆さん、25日に茅ヶ崎サザンビーチでお待ちしてます。Umimita は25日のみの出店となります。...

Umimita Poterie ソーサーの製作。「どうやったら…できるだろう」と問いかけ、深掘りすることで新たな価値が生まれる。

マグカップのソーサーをつくています。ソーサーも同じデザインで同じサイズのものを定量的につくる、というのが小さいからこそ難しいな。ところで、最近『デザイン思考』という考えに興味があって、佐宗 邦威(著)『21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由』を読んでいます。『デザイン思考』とは、アメリカのデザインファームIDEOを中心に取り組んでいる手法です。魂を入れる課題の定義というテーマ。ビジネスやクリエイテ...

Umimita Poterie フリーボウルの製作。誰もがデザイナーであり、クリエイターである意識が必要。

器をつくっています。半磁器のスープボウルです。佐宗 邦威(著)『21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由』を読んでいます。『デザイン思考』とは、アメリカのデザインファームIDEOを中心に取り組んでいる手法です。「デザイン思考」のプロセスには、以下の4つのモードがあります。・旅人(リサーチ) 旅人のように非日常の場に訪れ、体全体で現場を感じ、好奇心を持ちながら普段自分が知らない世界に徹底的に浸る・ジャ...

素焼き

...

Umimita Poterie マグカップ・ソーサーの製作。デザインで日常の課題を解決し〃ちょっと良いものにしつづける〃

器をつくっています。マグカップのソーサーですが、デザインはどんなのがいいだろうと考えて、これに落ち着きました。当面はこのデザインでいこう。佐宗 邦威(著)『21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由』を読んでいます。『デザイン思考』とは、アメリカのデザインファームIDEOを中心に取り組んでいる手法です。 デザインは、それだけで世界を良いものに変えることができるような変化をいきなり生み出すことは難しくて...

Umimita Poterie フリーボウルの製作。何事もリスクヘッジする考えを捨て、明確な状況を怖れない。

器をつくっています。佐宗 邦威(著)『21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由』を読んでいます。『デザイン思考』とは、アメリカのデザインファームIDEOを中心に取り組んでいる手法です。ビジネスでは、サービス提案だったり、現状の課題を周囲に説明する時には、いかに論理的であるかを求められます。もし論理的でないとそうあるべきだと教え込まれるでしょう。その結果、アウトプットの準備が綺麗に整うまで、あーでもな...

新作 Umimita Poterie 。海好きには刺激的な最強スープカップ。

Umimita Poterie の新作。青い釉薬を意識的に上から流しています。 海好きには刺激的な最強スープカップです。...

Umimita Poterie マグカップの製作。このままでいいと思う人、新しい価値をつくろうと思う人。

器をつくっています。佐宗 邦威(著)『21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由』を読んでいます。『デザイン思考』とは、アメリカのデザインファームIDEOを中心に取り組んでいる手法です。著者は、違いを生み出せる人はデザイン思考を無意識にやっている、と述べており、共感(ユーザー観察)全体感の調和(統合)デザイン(デザイン全般)物語(ストーリーテリング)が必要とされています。 自分の仕事を、新しい価値をつ...

Umimita Poterie マグカップの製作。あり得ないことが現実になる時代、デザイン思考という考え方。

今日も器をつくっています。器と言えば、今や安くて見た目もオシャレなものが気軽に買える時代。コンビニも無人化の流れが進むでしょう。かつて、ガソリンスタンドがセルフ化すると予想したでしょう?この無人化の流れは間違いなく広がります。何かの登場で、ひとつの職種、ひとつの業界がまるごと吹き飛んでしまう時代。「あり得ないと思うこと」が「現実になる時代」、生き残るには、「自分にしかできない新たな価値をつくりだし...

このサイトの管理者




森 直樹 湘南写真家、湘南陶芸家
福岡出身、茅ヶ崎在住
IT技術、写真、器、書籍 等の備忘録・日々考えたことを書いてます。
Umimita.com »

お問い合わせはこちら


Umimita Photographyの海写真




湘南、茅ヶ崎の海の魅力に惹かれ、海、波、空、太陽の日々の変化、季節の移り変わりを撮り続けています。写真は日々ブログに公開、販売しています。皆さんと自然の美しさ、感動を一緒に共有できれば幸いです。

(旧)Chigasaki Photo Gallery

Umimita Poterieの器



湘南、茅ヶ崎の工房で海を感じる器をつくっています。海が好き、器が好き。海を感じる器をつくりたい。そんな気持ちから始まりました。日々の生活の中で海辺のカフェに居るような気持ちになれる器を提案、販売しています。

活動内容

45424037.gif

イベント、写真展 等の活動内容 »

検索フォーム

メニュー

 

umimita.com

umimita.com

Nami Machi Labo 波待ちラボ

Nami Machi Labo 波待ちラボ

YouTube

YOUTUBE

烏帽子岩 写真集

Eboshi Photo

ONLINE SHOP

umimita online store

最新記事一覧

2019/06/17 今日の湘南 茅ヶ崎の海 2019/06/17
釉薬を掛けました。 2019/06/15
2019/06/14 今日の湘南 茅ヶ崎の海 2019/06/14
粘土の無駄を無くす取り組み。 2019/06/13
2019/06/13 今日の湘南 茅ヶ崎の海 2019/06/13
Umimita スタンプ 2019/06/12
海をイメージ。そして梅雨。そして読書。 2019/06/12
2019/06/11 今日の湘南 茅ヶ崎の海 2019/06/11
ラーメン『つじ田』 そこにうまいラーメンがある。 2019/06/10
素焼き 2019/06/08
一万時間ならぬ、一万皿の法則。 2019/06/07
2019/06/06 今日の湘南 茅ヶ崎の海 2019/06/06
東京の中心で讃岐うどん、と叫ぶ。うどんを食べたくなったら、迷わず『おにやんま 』だね。 2019/06/05
茅ヶ崎の「第6回 わんにゃんマルシェ」で黒柴ニコの友達のカイくんに会ったよ☆ 2019/06/05
2019/06/04 今日の湘南 茅ヶ崎の海 2019/06/04
Umimitaのターコイズブルーのマグカップ。 2019/06/03
カップソーサー 2019/06/01
新橋にある大都会のパワースポット『日比谷神社』 2019/05/31

POWERED BY